フランス語のメールの中には、多くの略語が使われております。


この略語を知らないと、何がなにやら分からないということになりますので注意しましょう。


まずは「svp」です。


名前だけ見ると、上質な蒸留酒かとも思ってしまいますが、これは「s'il vous plait」の略です。


これは「シルブプレ」と読み、日本語で言う「お願いします」の意味になります。


メールの文末によく使われる言葉ですね。


これと関連した略語で「rsvp」というものがあります。


これは「repondez s'il vous plait」の略で、「折り返し返事をください」の意味になります。


会社の同僚とのやり取りでよく使う言葉ですね。


また「L8R」という略語もあります。


これは何かというと、「あとで」という意味です。


ではなぜこれが「あとで」なのでしょうか。


「L8R」を英語読みにすると、「エルエイトアール」となります。


これを早口で言っていくと「レイター」となり、英語の「later」となります。


「later」は日本語で「あとで」という意味ですね。


ただし、他の略語と違い、L8Rとlaterでは、たった2文字しか違いがありません。


そのため、大した省略にはなっておりませんので、こちらは略語というよりも若者言葉に近い感じですね。